長崎の新築一戸建てを購入するならココ!おすすめの優良住宅メーカーを徹底比較してご紹介します!

新築一戸建ての外壁色を選ぶ際に意識するべきポイントとは?

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/04


新築一戸建てを建てる際に、外壁色に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。外壁の色は住宅のイメージを大きく左右するため、周りの環境なども考慮して選ぶことが大切です。この記事では、外壁の色選びで起こりがちな失敗例をもとに、選ぶ際に意識すべきポイントについて解説していきます。外壁色選びでお悩みの方は、ぜひご一読ください。

新築一戸建ての外壁の色選びで起こりがちな失敗例

新築一戸建ての外壁色は、住宅のイメージをお菊左右する大事な要素であるため、なるべく失敗は避けたいですよね。ここでは、外壁の色選びで起こりがちな失敗事例についてご紹介していきます。

イメージと違った

下壁の色選びの代表的な失敗事例は、イメージしていた色とは異なる仕上がりになってしまったというケースです。事前にカタログで見た色と、実際に外壁に塗った色が同じであっても、そのイメージが色の濃さや、光の当たり方などで違って見えてしまうことから、このような失敗をしてしまう人が多いといわれています。そのため、カタログだけを見てイメージを決めるのではなく、実物の色もしっかりと確認してから外壁の色を決めるようにしましょう。

汚れが目立ちやすい色を選んでしまった

汚れが目立ちやすい色を外壁に選んでしまい、後々後悔してしまったということも多いです。外壁は常に雨風や砂埃などにさらされていることから、汚れが付きやすく、選んだ色によっては、その汚れがとくに目立ちやすくなってしまうこともあります。

奇抜な色を選んで周りから浮いてしまった

赤、青、黄色など原色の色を外壁の色に選んだ場合、立地や周辺の環境によっては変に悪目立ちしてしまう可能性が考えられるでしょう。最悪の場合「景観を壊している」「変に目立って迷惑」などといった理由で、近隣の方からクレームが入ってしまう恐れもあります。マイホームに個性やこだわりを反映することも大事ですが、それが原因で住みづらくなってしまっては意味がありません。

そのため、近隣住宅や周辺環境を考慮し、目立ちすぎない色を選ぶようにするのがおすすめです。また、どうしても原色系の色を使用したいという場合には、色を使用する面積などを抑えるなどして工夫するとよいでしょう。

新築一戸建ての外壁色を選ぶ際に意識するべきポイント

新築一戸建ての外壁色を選ぶ際には、いくつかのポイントをしっかりと押さえておくことで、完成時の仕上がりが大きく変化します。ここでは、外壁の色選びを成功に導くために、意識すべき主なポイントについて解説していきます。

住宅全体の色をイメージする

外壁のイメージを左右する要素として、外壁の色はもちろん、屋根、玄関ドア、サッシなど住宅全体の色合いのバランスも重要となってきます。外壁の色を選ぶ際には、ついつい外壁色単体で考えてしまいがちですが、このような場合、住宅全体の色合いのバランスを考えなかったことで、イメージと違った仕上がりになってしまう可能性が高いです。そのため、外壁の色を決める際には、必ず住宅全体の色合いやバランスを考慮したうえで選んでいくようにしましょう。

色数を抑える

外壁に色を使いすぎてしまうと、全体の雰囲気がまとまりにくく、散らかった印象を与えてしまいます。そのため、外壁に使う色は最大でも2~3色に抑えるようにしましょう。色数を抑えることで外壁にまとまりが生まれ、おしゃれな雰囲気に仕上げることが可能です。

テーマを決める

外壁色で失敗しないためには、事前に外観をどんなテーマにしたいか決めておくことも大切です。モダンやフォーマルなど、自分の好みに合わせて外観のテーマを決定し、そちらに基づいて色を選んでいくことで統一感のあるイメージに仕上げることができます。外観のイメージが湧かないという場合には、インターネットで画像検索するなどして、サンプル画像から想像を膨らませる方法もおすすめです。

新築一戸建ての外壁色ごとの特徴

最後に、新築一戸建て住宅に人気の外壁色の特徴についてご紹介していきます。

ブラック

ブラックを外壁色に採用することで、高級感を演出し、シックな印象に仕上げることができます。現代的な建築デザインとも相性がよく、都会的なデザインやモダンな雰囲気を押し出したいという場合には、ブラックの外壁がおすすめといえるでしょう。

ホワイト

ホワイトの外壁は、清潔感があるシンプルな色合いが特徴であり、周囲の雰囲気や環境と調和する際に最適なカラーです。基本的に場所を選ばず採用しやすいというメリットがありますが、一方で汚れが目立ちやすいというデメリットも存在します。

ブラウン

伝統的で味わいのある色味が好みという方には、ブランの外壁がおすすめといえるでしょう。外壁色にブラウンを採用することで、見た人に温かみのある印象を与えることが可能です。ほかにも汚れが目立ちにくいといった特徴もあります。

 

ここでは、新築一戸建ての外壁色を選ぶ際の失敗事例、色を選ぶ際のポイント、外壁色ごとの特徴について解説していきました。外壁の色選びを成功に導くためには、近隣住宅や周辺環境との調和、住宅全体の色合いのバランスなどを考慮したうえで、色を選んでいくことが大切です。今回ご紹介したポイントを押さえておくことで、外壁色選びの失敗を回避できるため、外壁のお色でお悩みの方は、ぜひ本記事をお役立てください!

【長崎】新築一戸建ておすすめ注文住宅メーカー

商品画像
商品名星野建設株式会社 スタジオカーサ石橋工務店(長崎支店)浜松建設谷川建設(長崎支店)タマホーム(長崎支店)
特徴女性スタッフが企画段階から参加するので、キッチンや収納周りの利便性が高い伝統と最新技術を融合させた木造住宅を提供
住宅診断、耐震診断可能
暮らしの問題を解決するために、課題に対して素直に取り組む希少な木曽檜にこだわりを持っているコストの徹底的な削減によって「高品質・適正価格」を追求
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧