長崎の新築一戸建てを購入するならココ!おすすめの優良住宅メーカーを徹底比較してご紹介します!

人にやさしいバリアフリー住宅とは?将来を考えた家づくりのポイント

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/19


マイホームを検討されているなら、将来のことも考慮してバリアフリー住宅にしておくほうが良いと言われています。バリアフリーは、将来的に必要になった際にリフォームで行うこともできますが、最初から行っておく方がスムーズです。この記事では、バリアフリー住宅についてまとめています。

バリアフリー住宅とは

バリアフリー住宅とは、どのような住まいをさすのでしょうか。これはどの世代の方も安心・安全に生活できる快適な住まいのことを指します。生活するうえで不自由さを感じることが少ない住まいです。バリアフリーと聞くと、高齢者の方や障がいを持たれている方が生活しやすいように、というイメージがあるかもしれませんが、妊婦さんや小さな子どもなど、すべての人が対象と言えます。

老後のことを考慮するならバリアフリー住宅がおすすめ

バリアフリー住宅にしておくことは、老後も考慮した住まいになるので将来を見据えて、そのようにしておこうとされる人は増えています。ここでは、バリアフリーの住まいにしておくことのメリットをまとめておきます。

高齢になっても安心

長く住める住まいは、暮らしやすいことが重要です。快適に暮らすためにも、バリアフリーにしておきましょう。とくに高齢になってくると、身体が思うように動かせないこともあります。バリアフリーの住まいにしていれば、ケガや事故のリスクも減り、安心して暮らせます。

子どもにも安心

バリアフリーの住まいは、小さな子どもがいる場合も安心できる住まいと言えます。例えば階段は、小さな子どもがケガをしやすい場所です。足を滑らせてしまうことが無いようにしておく必要があるでしょう。また、段差を低くすることで、落ちにくくすることもできます。

バリアフリー住宅を建てるときのポイント

バリアフリー住宅を建てる場合、どのような点に注意しておくと良いのでしょうか。

生活動線を考えておく

住まいの中で移動範囲が多くなればなるほど、身体に負担がかかります。とくに高齢になってくると、何度も階段の上り下りというのは辛いものです。住まいでの移動距離をできるだけ減らすことができるように、生活動線をしっかりと考えておきましょう。水まわり関係は、近い場所に配置するなどの工夫をしておくことで、移動距離を減らせます。

何が必要になるか考える

高齢になった際に、何がないと困るか考えてみましょう。例えば、万が一、車椅子生活になった場合、廊下は車椅子が通れる幅が必要です。トイレも広めにしておかなければいけません。2階にあがるためには、エレベーターがあったほうが良いということもあるでしょう。必要になりそうなものを書き出してみてください。

また、介護してもらうことになるかもしれない可能性を考えて、扉の開け閉めのしやすさや、部屋同士の移動のしやすさなども考慮しておかなければいけません。

トイレのバリアフリー化

バリアフリーで考えたいのがトイレです。高齢になった時でもトイレを使いやすいようにしておく必要があります。トイレにすぐに行くことができるように寝室の近くにしたり、トイレ内に手すりをつけることで、バリアフリーに対応したトイレになります。

洗面台のバリアフリー化

万が一、車いすで生活することになった場合、洗面台の高さが合わないと使いにくいです。やや低めにすることで、車いすでも使いやすい洗面台になります。

部屋の段差をなくす

部屋同士の段差は、つまずいて転倒してしまう原因にもなりかねません。できるだけ減らしておくようにしましょう。とくに家族全員が集まるリビングは、段差をなくしておきたいスペースです。

キッチンのバリアフリー化

キッチンでの作業は立ちっぱなしになるので、高齢になってくると足腰に負担がかかります。座って作業できるような場所を設けておくと安心です。

廊下のバリアフリー化

廊下は十分なスペースを用意しておきましょう。幅が無いと車いすは通ることができません。また、誰かに横に立って支えてもらう場合も幅が無ければいけないでしょう。廊下での転倒を防ぐために、手すりも取りつけるのが安心です。

玄関のバリアフリー化

玄関のドアは車いすが通れる幅にしましょう。またスロープをつけておくことで、車いすでの移動がしやすくなります。玄関から住まいへのあがりかまちの段差は低めにしておくと安心です。

階段の段差に注意

階段の上り下りは高齢になってくると辛いものです。できるだけ段差の少ない階段にすること、転倒しないように手すりをつけることをしておくと安心です。2階をつくらない平屋も注目されています。

まとめ

人に優しいバリアフリーの住宅について、どのような住宅なのか、バリアフリー化でおさえておきたいポイントもお伝えしました。これからマイホームを建設されるという方は、バリアフリーに対応した住まいにすることで、より住みやすい暮らしができると言えますので、検討してみてください。

【長崎】新築一戸建ておすすめ注文住宅メーカー

商品画像
商品名星野建設株式会社 スタジオカーサ石橋工務店(長崎支店)浜松建設谷川建設(長崎支店)タマホーム(長崎支店)
特徴女性スタッフが企画段階から参加するので、キッチンや収納周りの利便性が高い伝統と最新技術を融合させた木造住宅を提供
住宅診断、耐震診断可能
暮らしの問題を解決するために、課題に対して素直に取り組む希少な木曽檜にこだわりを持っているコストの徹底的な削減によって「高品質・適正価格」を追求
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧