長崎で新築一戸建てを購入したい方は必見!注文住宅・分譲(建売)住宅…さまざまな提案が可能なおすすめの優良住宅メーカーを紹介!

長崎で新築一戸建てを建てる土地代の目安

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/12/08

長崎で新築一戸建てを建築するときに必要なのが土地です。その価格はどう決まっているのか気になるものでしょう。価格は自分でも調べることが可能なのか、あるいは不動産会社など専門家でないとわからないのか不安になりますが、ここでは価格の調べ方や目安について紹介していきます。事前に知っておくことで資金計画も立てやすくなります。

土地の価格の決め方と影響するポイント

新築一戸建てを長崎で建築する場合、不動産には価格が6つあるといわれています。それは、実勢・公示・基準値・路線価・固定資産税評価額・鑑定評価額であり、土地を買うときは実勢価格が参考になります。それ以外は不動産鑑定士など専門家が決めることが多く、実際の相場は、高いときに売りたい売主と下がったときに安く買いたい買主の考えなども絡むため、それによって違いも出てきます。

この他にも価格を左右するものに、土地が個別に持つ特性があります。その1つが立地で、都市部に近くて利便性がよいなら高くなり、郊外で不便だと安くなるのが一般的です。他にも、墓地が近い場所や崖の下にあるなど、マイナス要因があると同じエリアでも周辺状況で査定が違ってきます。

土地の形は長方形や正方形なら売れやすいですが、変形していると坪単価が安くなります。長方形であっても、間口が狭いなど住宅が建築しにくいと売値が下がります。大きさもエリアごとに利用しやすい大きさがあり、住宅地だと平均で20から30坪が多いところや、70から80坪が多い地域などそれぞれ決まっていて、それ以外だと坪単価も相場より安くなります。

価格相場は売主と買主の考えのもとで決まりますが、土地の流通量の変動で、多いときは売主が強くなり、少ないと買主が強まって安くなりやすいです。流通量が少ないと価格が下がる傾向となるので、この場合は値引きすることもあります。価格の変動を常に調べて予測し、今後の推移も見守って安い金額で買えるようにするのがおすすめです。

価格相場の調べ方と知ることの利点

実際に、長崎で新築一戸建てのための土地を買う前に価格相場を調べることは利点が多いです。購入候補となるエリアの相場を知ると、年収から算出できる予算内で、希望する広さや条件の土地が買えるかもわかります。相場からかなり安い場所は、特別な事情がない限り見つかることはなく、予算にあったエリアで探さないと購入できる場所は見つかりません。価格相場を知ることで他のエリアにするべきか、地域の相場にあわせて予算の見直しをするかなど検討もできます。

買いたいところを見つけた場合は、金額が適正かも調べて、相場と比べて判断することも可能です。中には平均よりかなり高額な金額を付けていることもあるため、相場から平均を算出して説得力のある値下げ交渉が行えれば、割高な高値で買うことも防げます。

実勢価格の場合、土地が実際に売買されるときの金額となります。これは取引実績で決まり、買いたい住所から土地の近隣取引事例の積み重ねで決まっています。これをよく知るのは地域での取引をしている不動産会社で、業者だけが使えるシステムを使って検索し、全国の取引実績の調査からランキング、変動などの実勢価格も把握しています。

業者であっても、近隣の取引事例が少ない場合は取引実績だけで相場を知ることができないため、そこで利用するのが公的価格などです。公示価格は、国土交通省が地価公示法に基づいて発表するもので、毎年1月1日での標準地を選定してから金額を判定し公示します。地価公示は適正な地価の形成に役立つことが目的なので、比較的実勢に近いものとみなされています。

建物とどちらを優先させるべきか

長崎で新築一戸建てを建てるときに、気になることが予算の配分です。組み方を知らないと家賃より高い支払いになって費用が足りなくなる恐れもあり、予想以上にお金がかかります。先に総予算を決めてから、建物・土地の順番で組んでいきます。

先に建物の予算を決めた方がいいのは、自由度が高い家づくりをするためです。新築一戸建ての魅力は希望通りの家が建てられることでしょう。キッチンや浴室を広くしたいなど、希望することをできる限り形にすることが大事です。これが、土地を先に決めた場合、建物の方が足りなくなる恐れがあります。高額なエリアだと、建物で使える予算が減り、選べるハウスメーカーも限られてきます。これでは予算内に収めるだけの家づくりになるので、先に建物のお金を確保し、それから場所を選んだほうが、有意義な新築一戸建てを建てられます。

建物の方を決めたら、総予算から差し引いた残りの金額を見通し、土地を探し、敷地・形状・整備が必要かなどを確認します。高低差がある場所やライフラインの整備がないと別に工事が必要になり、コストがその分かかります。自分だけだと判別がしにくいため、住宅会社などに依頼するのもよいでしょう。自分の希望にあっているかなどアドバイスもしてくれて、住宅会社が所有する場所を買うと、金銭面でメリットもあります。土地探しもできるサイトを用意しているところも増えているので、多忙で時間がかけられないときも便利です。

 

新築一戸建てを長崎で建てようにも、予算配分を間違えると満足できる家を作れません。総予算と建物の予算を決めてから、残りの費用で土地を決めると希望通りの家に近づけることが多いです。自己資金が準備できるかや、ローンの借入額など、総予算はライフプランを考えてから細かく設定したほうがよいといえます。

【長崎】おすすめ住宅メーカー

商品画像
商品名星野建設株式会社石橋工務店浜松建設谷川建設タマホーム
特徴女性スタッフが企画段階から参加するので、キッチンや収納周りの利便性が高い伝統と最新技術を融合させた木造住宅を提供
住宅診断、耐震診断可能
暮らしの問題を解決するために、課題に対して素直に取り組む希少な木曽檜にこだわりを持っているコストの徹底的な削減によって「高品質・適正価格」を追求
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【長崎】おすすめ住宅メーカー5選!